« 【署名】草彅くんに寛大な措置を | トップページ | 等々力~多摩川散策 »

2009年4月29日 (水)

照れくさい響きのご飯

ものすごく照れくさい響きだと感じるものがあります。

「作ってあげたい彼ごはん」 って聞いたことありますか?

pc【作ってあげたい彼ごはん】SHIORIさんのブログ

book『作ってあげたい彼ごはん』書籍

この書籍(ムック)、4まで出ていてなんと60万部以上売れたんだって。しかももっとも料理本を買わないといわれている20代が主な読者層。

私も1年以上前から気になっていたのですが、なんだかものすごく恥ずかしくて触れられなくて。まだ触れられていないんですけどね。ケンタロウの本は手にとりやすいんだけどね。

でも、ああ、もう夏ですね。
先週ランコムの日焼け止めとディオールのUV化粧下地買いました。

で、私もあれですよ。
去年、中野区から品川区に引越したんだよ。
ごみの出し方が結構変わったね。

私はただ、鉄分とカルシウムだけはとって欲しいと思っています。
取引先の方の御見舞いにいって手術の話を聞いたら、目の前が銀色になってしまい、そのまま1日入院をした人に。

日曜日レッドクリフ見に行った。

今日はいい天気だったけどまだ寒かったよpenguin
午後から財務の勉強しにいって余計寒かったよsnail

天気予報によると明日から汗ばむ気候になるそうです。
みなさん、気張って汗ばんでいただけますようお願い申し上げます。

090428224518


よいゴールデンウィーク直前の平日を。
Have a good daybud

|

« 【署名】草彅くんに寛大な措置を | トップページ | 等々力~多摩川散策 »

プライベートのできごと」カテゴリの記事

コメント

さきっちょさん。おはこんちは。
rayです。
SHIORIさんの本のタイトル、
ストレートで来ますよね!
やっぱりご飯というのは身近なひとの
ために作るというストーリーがあるから。
ぐっとくる理由がわかります!
そしてやっぱりちょっと恥ずかしいよね・・。
さきっちょさんは未来の旦那さまのために
何をつくっているのかな?^^

わたしも ハードボイルドレシピ。
とか スパイの晩ごはん。とか
結び付けようがないテーマでムック出すぞ!?
アイデアよろちく。


投稿: ray | 2009年4月30日 (木) 13時01分

>rayさん
ハードボイルドって(笑
煮えすぎなイメージですが大丈夫でしょうか。
スパイの晩御飯、酸味がありそうですね。
でも酢は身体にいいですよね。
あまり酢を使った料理はしないのですが、タコときゅうりとわかめの酢の物は好きです。

投稿: さきっちょ | 2009年5月 1日 (金) 17時40分

さきっちょさん、こんにちは。
またブログはじめたんですね!!いとうれしす。
ぜひmixiも更新を・・・。

最初の日記から読んでいて、もう何年経ったかわからないですが、
諦めずクリックし続けてよかったれす~。

友達がさきっちょさんと友達みたいで、いいなぁっつってたとこです。
なんかそのうちなんかで会えそうだとか思っていたけどなかなか会えないので、コメントしてみました。

私は教育+キャリアな仕事をしています。

ブログ、楽しみにしてましゅ。

投稿: kster | 2009年5月 2日 (土) 16時43分

こちらです!

※URLだけ消しておいたよ(byさきっちょ)

あ、でも見つたらこのコメント削除して下さるとうれいいかな?
アメンバーにならないとちょっときわどいのは難しいかも知れじ。

GWの暇つぶしにしちゃってくださいな。

投稿: model-13 | 2009年5月 3日 (日) 15時12分

>ksterさん
こんにちは!ゆるく楽しくはじめました^^
そげなこといってもらえて光栄です~
友達の友達ですか!是非その友達につなげてもらってご飯でも食べにいきましょうよ。
教育+キャリアな仕事なんてかぶりんぐじゃないですか!
ksterさんの気が向いたときでよいので是非ぜひ。

>model-13さん
URLだけ消しておいたよん。
でね~いったんだけどね~確かに過激そうでね~
でもアメンバーにならないと読めないね・・・
アメンバーになろうかと迷ったけど、知るのが怖くてたじたじしてます(笑

投稿: さきっちょ | 2009年5月 5日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184293/29354249

この記事へのトラックバック一覧です: 照れくさい響きのご飯:

« 【署名】草彅くんに寛大な措置を | トップページ | 等々力~多摩川散策 »